宇宙産業の技術を建築構造物に施し、保冷保温効果の革命を只今日本で展開中です。
従来の断熱材の弱点である熱の吸収(蓄熱)を大胆に解消!全く蓄熱しないリフレクティックスを用い、寒い時に暖房、暑い時に冷房の単純な選定が可能です。


リフレクティックスが、すごい!!、、訳。

リフレクティックスは、施した構造体の内側の物質エネルギーを保持する事により、冬は暖房機から得られる微量な赤外線エネルギーを保持し、夏は、日射エネルギーを反射し、屋内物質温度を保持します。
左図のように、冬に暖房機から得られる微量な赤外線エネルギー受けた物質(石膏ボード)は、共鳴しエネルギー放射するが、リフレクティックスで跳ね返された熱エネルギーが、石膏ボードへ戻る事により、リフレと石膏ボード間の温度が室内空間より数度高くなる現象となります。








                                    TOPページへ戻る | このページの先頭へ